マルシェの集客の体験談

数年前、地域の農家応援と地域を盛り上げるために行ったイベントでの体験をお話します。

私の地元は、別荘客の多く集まるところ、観光地であり、地元はじめ、近郊では無農薬野菜の生産や販売を行う方たちもいらしたので、「本当に良いものを対等な金額で販売する」ということを意識して出店者を集めました。

イメージとしては、別荘の方には都会ではなかなか目に触れないものや、高級レストランでしか出てこない野菜などをブランド野菜として販売すること、農家さんには、消費者の声を生で聞くことのできる場として提供しました。

まずは、主催者側のターゲットに沿った販売物、販売方法ができることを条件にすることが一番の近道だと思います。

それからは、ターゲットに合わせたチラシ作り、ターゲットの目につきやすいところにチラシを貼ってもらう、地元ラジオ局からの宣伝、来客者へのプレゼントなど、あらゆる方法で集客に努めました。

そして、やはり一番効果的だったのは、開催するまでの間に、開催場所で準備作業をしていると、多くの方が興味を持ってくれる、口コミで宣伝してくれる。こうした、人と人がつなげていくものだと思います。

そうして集まった農家はじめ、オーガニックパン、ジャムなどの加工品が並ぶマルシェには、多くのお客様が集まりました。