元気いっぱい挨拶ができれば大丈夫

集客方法で役に立つと思われることは、やはりスタッフの元気のよさです。スタッフが元気いっぱいに挨拶してくれるような店は繁盛しています。

出店だって同じことですが、たとえばタコ焼き屋やたいやき屋がスーパーマーケットの駐車場で営業していますが、元気いっぱいに営業しているところと挨拶の声が小さいところでは、明らかに集客率が違っているように見えます。

元気いっぱいに「いらっしゃいませ!」「ありがとうございました!」と最低でもこのくらいのことを言えないと、お客さんは集まりません。お客さんはお店の様子をよく見ています。見ていないふりを装っていても、実はかなりお店の様子をこと細かく見ていたりします。

だからこそ、最低でもこれくらいの言葉は大きな声ではっきりと元気いっぱいに言えなくてはいけないのです。いい歳をした大人でも恥ずかしがらずにはっきりと元気よく挨拶や返事ができないとだめです。

そのあたりのことを、エリアマネージャーや店長などは下の人に教え込まなくてはいけません。